初心者だって良いお客さま。サラ金だって会社です

【サラ金のプロは、いるのか】実家で暮らす社会人の私は、もともとサラ金の接点はありませんでした。震災後、節約に興味をもってあちこちのブログをのぞいていたら、節約生活の原因がサラ金返済のためという人がいたのです。そういうブログは人気があるのか、ジャンルとして定着していました。人気のある(PVが多い)ブログを書いている人たちは、利息やローンのシステムに詳しく、ある意味「プロ」のようです。

ネタは、数多くの金融機関から返済のために借り入れするという自転車操業の恐怖、それらの借金を一本化した体験談、計画的にいくら返済したという生活記録などがあって、初心者の私でもかなり面白かったです。やがて私なりに気になることがでてきました。なぜ返済能力があるのに、返済額が膨らんでいくのだろうということです。

ブログに借り入れの理由は書いてあっても、返済額がなぜ膨らんだのかの説明はほとんどありません。私が初心者なのでわからないか、すごく当たり前のことかもしれないと思い、調べてみました。増える原因は、毎月返す金額が、借金の元本を消しこむまでに至らないからです。サラ金ではなくてもローンには利息がつきます。利息だけ払っていても、元本が満額残っている限り、延々と利息がつきつづけるのです。


【契約書と試算表を確認する】借金が膨れつづけるのは、毎月の返済額と融資額の元本が合っていないことだというのはわかりました。でも、貸付をしているのは会社です。違法にならないよう、契約書に明示してあるはず。そこで契約書を確認してみましょう。平成23年までは縁のない初心者だった私ですが、平成24年にサラ金デビューしましたので、いま手元にある「金銭消費貸借基本契約書」で確認できます。年率・返済方式(元金定額リボ)・利息計算方法(残元金×実質年率÷365日…)、書いてあります。この時点で違法ではありません。

ところが、よく見ると、同じリボルビング払いでも2種類あるのです。毎月の期日に[利息+元金]を払うものと、[利息のみ]を払うもの、私は最初から元利均等を希望したので、別のリボ払いがあることには気づきませんでした。毎月、頑張って返済しても元金が減っていなかったらと思うと怖いです。ただ、私の場合は最初にサラ金さんのほうで返済の明細を計算してもらったんです。何ヶ月かかって返済、その月の利息はいくらで、総返済期間は何ヶ月、総返済額はいくらという具体的なものでしたので、よほどでなければ「元金減らない」の事態にはならないはずです。過去に初心者だった自分だからこそ言うのですが、契約書はよく読みましょう。期間も金額も確認しましょう。サラ金だって手数料できちんと稼いでいる会社なのですから、初心者を騙すリスクなんて負いません。きちんと返してくれるのが良いお客ですから初心者結構、借りるなら勉強しましょう。